​news

​ドナー助成制度

神奈川骨髄移植を考える会BMTの訴えが実現!

ドナー登録の推進では適切な説明と働きかけが不可欠です。神奈川県では、BMT神奈川と県、またボランティア団体であるライオンズクラブのご協力のもと、ドナー登録説明員養成講座を実施しています。
毎年2万人のドナーが卒業するなか、若年層のドナー登録が急務です。神奈川県では大学における献血併行でドナー登録説明会を推進。多くの県内大学のご協力をいただいています。
骨髄の提供に当たっては、事前の検査や入院に7日程度要することから、ドナーに対する支援も必要です。BMT神奈川では、神奈川県議会に働きかけ、請願を提出。全会一致で可決されました。平成30年度には5市町でドナー支援事業が実現し、令和元年度は18市町での実施が始まっています。具体的には実施自治体から骨髄・末梢血幹細胞の提供のためにドナーが通院・入院した日数に応じて、1日当たり2万円(7日を上限とする)、また、そのドナーが勤務する事業所に対して1日当たり1万円(...

神奈川県で骨髄ドナー支援事業開始

神奈川県では、平成30年度から骨髄ドナー支援事業を開始しました。内容は、骨髄・末梢血幹細胞の提供のために通院・入院した日数に応じて、骨髄等を提供したドナー及びそのドナーが勤務する事業所に対して、市町村が補助した経費の1/2を補助するものです。

制度化した背景として、骨髄ドナー登録者は増加傾向にあるものの、実際に提供まで至った件数は少ないことが課題となっている中、平成29年3月の県議会で、『県民の健康を守り、ドナー(骨髄提供者)の提供しやすい社会環境づくりを図る「骨髄バンク・ドナー助成制度」の創設・実施について』の請願が採択されたことなどを踏まえ、平成30年度当初予算編成において、予算化したものです。

平成30年度は、横須賀市、鎌倉市、大和市、愛川町、松田町の5市町で実施しております。今後、他の市町村においても、この制度を活用してもらえるよう働きかけてまいります。

(神奈川県がん・疾病対策課)

(補助内容について)

ドナー

ドナー...

政策40 骨髄ドナー移植支援事業の推進〜福祉政策マニフェスト2017@鎌倉市

松尾たかし鎌倉市長

【内容】

骨髄・末梢血幹細胞提供者(ドナー)の経済的な負担を軽減し、骨髄移植等の推進を図るため、ドナーとなった市民及びドナーが勤務する事業所を対象に助成金を交付します。また、ドナー提供時の合併症対策も検討します。

【効果】

 ドナーの負担を軽減し、ドナー提供者が増加します。

【解説】

 自らの身体を捧げてまで人助けをしている人たちが、ドナーの方々ですが、そのために仕事を休まなければならないなど経済的な負担が生じています。ドアーの方が過大な負担を負わないようにして行きます。

「政策40 骨髄ドナー移植支援事業の推進〜福祉政策マニフェスト2017@鎌倉市」より

http://cckp.hatenablog.com/entry/20171020/1508490612

市は、骨髄・末梢血幹細胞移植を推進するため、ドナーとドナーが勤務する事業所への助成を開始しました。

大和市骨髄移植ドナー支援事業助成要綱はこちら

■助成について

▼対象となる方

(公財)日本骨髄バンクが実施する骨髄バンク事業において骨髄などの提供を平成30年4月1日以降に完了した人(ドナー)で、次のすべてに該当する方、及びその事業所

1.骨髄などの提供に伴う休暇制度がない事業所に勤務している

2.大和市に住民登録をしている

3.市税などの滞納がない

※滞納があっても既に分割等で納付履行中の方、分割納付誓約書を提出した方は対象です。

4.同様の趣旨の他の助成を受けていない

▼対象となる通院や入院

1.健康診断のための通院等

2.自己血貯血のための通院等

3.骨髄等の採取のための入院

4.その他骨髄バンク又は医療機関が必要と認める通院等

▼助成額

【ドナー】

骨髄などの提供にかかわる通院・入院などに要した日数一日につき2万円【上限:14万円(7日間)】

【事業所】

骨髄などの提供にかかわる...

骨髄・末梢血幹細胞提供者(ドナー)の経済的な負担を軽減し、骨髄移植などの推進を図るため、ドナーとなった方およびドナーが勤務する事業所を対象に、助成金を交付します。

助成対象

  • 愛川町に住民登録があり、公益財団法人日本骨髄バンクが実施する骨髄バンク事業で骨髄などの提供を完了した、骨髄提供に伴う休暇制度がない事業所などに勤務する方

  • 助成を受けるドナーが勤務する国内の事業所(国、地方公共団体、独立行政法人、骨髄提供に伴う休暇取得が可能な事業所を除く)

助成金額・日数

 ドナーが通院・入院した日数に応じて助成金を交付します。

ドナー

1日につき2万円(7日を限度とする)

ドナーが勤務する事業所

1日につき1万円(7日を限度とする)

助成対象となる通院などの内容

  • 健康診断にかかる通院、自己血貯血にかかる通院

  • 骨髄・末梢血幹細胞の採取に係る入院

  • 骨髄バンクが必要と認める通院・入院および面接

必要書類

ドナー

  • 愛川町骨髄移植...

 松田町では、骨髄・末梢血幹細胞提供者(ドナー)の経済的な負担を軽減し、骨髄移植等の推進を図るため、ドナーとなった町民及びドナーが勤務する事業所を対象に助成金を交付します。

助成対象

○ドナー
 松田町に住民登録があり、公益財団法人骨髄バンクが実施する骨髄バンク事業で、骨髄・末梢血幹細胞提供を完了し、骨髄提供に伴う休暇制度がない事業所等に勤務する人
○ドナーが勤務する事業所
 助成を受けるドナーが勤務する国内の事業所(但し、国、地方公共団体、独立行政法人、骨髄提供に伴う休暇取得が可能な事業所を除く)。

助成金額・日数

ドナーが通院・入院に要した日数に応じて助成金を交付します。
○ドナー:1日につき2万円(7日を上限とする)
○ドナーが勤務する事業所:1日につき1万円(7日を上限とする)

助成対象となる通院・入院の内容

○健康診断または自己血貯血に係る通院、入院
○骨髄・末梢血幹細胞採取に係る入院
○骨髄バンクまたは医療機関が必要と認める通院・入院

申請方法

平成3...

~神奈川県内で初めての実施です~

<骨髄移植ドナー支援事業とは>

横須賀市では、平成 29 年 4 月 1 日から、骨髄・末梢血 幹細胞提供者(ドナー)の経済的な負担を軽減し、骨髄 移植等の推進を図るため、ドナーとなった市民及びド ナーが勤務する事業所を対象に助成金を交付します。

助成対象

本市に住民登録があり、公益財団法人日本骨髄バンク が実施する骨髄バンク事業で骨髄等の提供を完了し、 骨髄提供に伴う休暇制度がない事業所等に勤務する人。 助成を受けるドナーが勤務する国内の事業所(国、地方 公共団体、独立行政法人、骨髄提供に伴う休暇取得が可 能な事業所を除く)。

助成金額・日数

ドナーが通院・入院に要した日数に応じて助成金を交 付します。 ドナー:1 日につき 2 万円(7 日を上限とする) ドナーが勤務する事業所:1 日につき 1 万円 (7 日を上限とする)

助成対象となる通院等の内容

健康診断に係る通院、自己血貯血に係る通院 骨髄・末梢血幹細胞の採取に...

「ドナー助成制度の創設・実施」についてのお知らせ ドナー助成制度が、県内初めての1市で新年度か ら実施されると新聞で報道されました。全国では、こ の 2 月末現在ですでに 8 都府県及び 206 市町村で実 施されています。 BMT 神奈川からは去る 2 月 23 日、神奈川県での ドナー助成制度の創設・実施について神奈川県知事あ てに要望書、また神奈川県議会議長あてに請願書を提 出しました。

「神奈川県造血幹細胞移植推進協議会」 参加報告 平成 28 年 12 月 21 日(水)、神奈川県総合医療会館 で、神奈川県造血幹細胞移植推進協議会が開催された。 県のがん・疾病対策課長から、骨髄バンクの推進に対す るお礼と今後活動に対する協力についての挨拶があり、 担当者から骨髄バンク、さい帯血バンクの現状、神奈川 県の事業の推進状況、今後の予定などの説明があった。 骨髄提供登録者は、昨年度は 551 名であったが、今 年度は 11 月末で昨年を大きく上回る 842 名あった。 これは若い層への働きかけとして大学での献血併行登 録会が増えたからではないかと考えていると説明があ り、引き続き議事に入った。 加藤会長から、今年から県、血液センター、BMT 神 奈川の三者会議にライオンズクラブを加え四者が一体 となって取り組むようになった。その成果が今回の登 録者の増加に現われてきていると思う。 血液センターからは、将来の献血不足に備えて、10 代~3...

神 奈 川 県 造 血 幹 細 胞 移 植 推 進 協 議 会

「説 明 員 養 成 講 座」、「ドナー助成制度」

日時:平 成 2 7 年 1 2 月 1 6 日 (水 )

場所:神奈川県総合医療 会 館

県 の 保 健 予 防 課 長 か ら 、平 成 2 5、 2 6 年度は 緊急雇用創出基金委託事業で 横 浜と川崎の献血ルームに ドナー登録 説明員を 配 置 し 、大 き な 成 果 を 上 げ る こ と が 出 来 た 。今 年 度 は こ の 事 業 は な く な っ た が 、新 規 事 業 と し て 、ド ナ ー 登 録 の 促 進 を 図 る た め 説 明 員 養 成 講 座 を実施するとの 発表がありました。

次いで担 当者から骨髄バンク、さい帯血バンクの現状、 神 奈 川 県 の 事 業 の 推 進 状 況 、今 後 の 予 定 な ど の 説 明 が あ り ま し た 。近 年 、若 年 層 へ の ド ナ ー 登 録 の働...

Please reload

​神奈川骨髄移植を考える会事務局

平塚市明石町24-25ー309 黒部設計事務所内 

TEL:090-4713-7300​  FAX:0463-25-1383

E-mail:bmtnoniji@yahoo.co.jp

​©2017 Bmt Kanagawa .