​news

患者支援

​患者支援

このページでは当会が取組む患者支援事業の患者サロンやコットンキャップ、また、当会と連携する団体主催の催し、共催の催しを紹介します。

【患者サロンの発足の経緯】

当会では、主に白血病などの血液難病の患者救済の活動を1990年頃より行い成果を上げています。

  1. 骨髄バンクの普及啓発(ドナー登録の推進、地域での広報活動など)

  2. 患者のための医療情報の提供と相談(医療講演会、患者相談会、シンポジウム、患者サロンなど)

  3. 財政確保と普及のための円覚寺チャリティコンサートやバザーの企画など

  4. ボランティアの活動報告、外部団体との連携、機関紙「虹」の発行と全国協議会への参加など

  5. 会員相互の親睦を図る活動(俗称;考えない会)など

 今日、関係者の努力により医療の進歩はもちろん、骨髄バンク、臍帯血バンクなどの医療環境が整備され、「死の病」と恐れられていた「白血病」も治る時代を迎えています。しかし、治った患者さんの社会復帰にはまだまだ課題も多く、ある患者さんの「就職や結婚、出産など、治った患者の悩みを共有・解決する組織も必要だね」という一言から、患者サロンは始まりました。

 

医療用コットンキャップ
モニター募集​

 

【コットンキャップの事業】

かわさき市民公益活動助成金事業※1

抗がん剤治療などで脱毛に悩む方へ

少しでも前向きに進んでほしい

そんな思いを込めて、、、

治療を乗り越えた先輩たちから あなたにコットンキャップを贈ります

医療用コットンキャップのモニター募集(100名様分) 詳細は下のボタンから特設サイトへ。

※1かわさき市民公益活動助成金は、団体運営の将来の自立・発展を図るため、川崎市内で公益的な活動を行っている市民活動団体の「事業」を資金面から支援する制度です。

公益財団法人かわさき市民活動センター市民活動推進センター

虹色の笑顔に出会いたい🌈

 

わたしたち神奈川骨髄移植を考える会は骨髄バンクの推進と、患者さんとそのご家族の方々の心に寄り添いたいという思いで活動をしているボランティア団体です。

このたび、おもに川崎市域を中心にして、コットンキャップの製作と必要とする方にお使いいただく(モニター参加)事業に取組みます。

cotton4.jpg

​チラシ
モニターチラシ 表.jpg
モニターチラシ裏.jpg
作り手チラシ表.jpg
作り手チラシ裏.jpg

​患者支援 アーカイブ

​new