11月22日  宿 泊 研 修 会

11/22/2014

宿 泊 研 修 会 

日時:平 成 2 6 年 1 1 月 2 2 日 (土 ) ~ 2 3 日 (日 )

場所:箱 根 湯 本 温 泉『 明 日 香 』

講演:虎 の 門 病 院 分 院  和 氣 敦 先 生

    大 阪 大 学 医 学 部 附 属 病 院  柴 山 浩 彦 先 生

ゲスト:大 阪 大 学 医 学 部 附 属 病 院   西 村 先 生   江 副 先 生

 

北 は 北 海 道 、西 は 大 阪 か ら 患 者 さ ん や そ の ご 家 族 が 参 加 さ れ ま し た 。ゲ ス ト に 大 阪 大 学 医 学 部 附 属 病 院 の 西 村 先 生 と 江 副 先 生 に も ご 参 加 い た だ き ま し た 。ま た 、神 奈 川 骨 髄 移 植 を 考 え る 会 の 皆 さ ん に も 参 加 い た だ き 、総 勢 2 3 名 の 賑 や か な 研 修 会 に な り ま し た 。

ご 講 演 は 虎 の 門 病 院 分 院 の 和 氣 敦 先 生・大 阪 大 学 医 学 部 附 属 病 院 の 柴 山 浩 彦 先 生 で 、ス ラ イ ド も お 話 も 大 変 楽 し い 内 容 を 盛 り 込 ん で あ り 、 ア ッ と い う 間 の 2 時 間 で し た 。和 氣 先 生 の ご 講 演 で は 、 最 古 の 造 血 幹 細 胞 移 植 の お 話 が あ り 、 同 種 骨 髄 移 植 を 世 界 で 最 初 に 報 告 し た の は 、ア メ リ カ の ト ー マ ス 博 士 で 、 の ち に 「 骨 髄 移 植 」 と い う 極 め て 臨 床 的 な 功 績 で ノ ー ベ ル 医 学 賞 を 受 賞 さ れ ま し た 。当 時 は 、同 種 移 植 の 成 功 に 長 年 必 要 と 考 え ら れ て き た H L A( ヒ ト 組 織 適 合 性 抗 原 ) も 発 見 さ れ て お ら ず 、 成 功 率 は 1 0 % に も 満 た な か っ た そ う で す が 、H L A の 発 見 と と も に 、「 近 代 的 」同 種 骨 髄 移 植 が ス タ ー ト し ま す 。 我 が 国 で は 1 9 7 0 年 代 に 名 古 屋 、 金 沢 、 大 阪 で ほ ぼ 同 時 期 に 施 行 さ れ た の が 最 初 と さ れ て い る そ う で す 。 HLA が 不 明 だ っ た 1966 年 に 、 九 州 の 小 倉 記 念 病 院 で 急 性 リ ン パ 性 白 血 病 の 6 歳 患 児 に 両 親 か ら 骨 髄 液 を 採 取 し て 移 植 し た 報 告( 小 児 科 紀要第 1 3 巻 第 4 号 , 1 9 6 7))が な さ れ て い る こ と を 、東 海 大 学 小 児 科 の 加 藤 俊 一 元 教 授 が 最 近 明 ら か に さ れ た そ う で す 。 最 古 か ら 最 新 の 治 療 現 状 ま で を お 聞 き し 、半 世 紀 に も 満 た な い 間 で の 移 植 治 療 の 進 歩 に 驚 く ば か り で す 。 1 8 時 か ら は 夕 食 に な り 、飲 み 放 題 + 食 べ 放 題 ( バ イ キ ン グ 付 き )+ プ レ ゼ ン ト も あ り で 、美 味 し く 楽 し い 懇 親 会 で し た 。二 次 会 の 一 部 は カ ラ オ ケ を 歌 い ス ト レ ス を 発 散 さ せ ま し た 。二 部 は ホ テ ル の ご 厚 意 で 二 次 会 部 屋 を お 貸 し い た だ き ま し た の で 、 お 酒 や お 話 に 花 が 咲 き ま し た 。大 阪 か ら 仮 装 衣 装 が 運 ば れ 、先 生 方 や 役 員 が 扮 装 し 一 同 驚 い た り 笑 っ た り 大 変 楽 し い 一 日 で し た 。来 年 の 研 修 会 は 気 分 一 新 、場 所 を 変 え よ う と い う こ と で 朝 食 後 に 解 散 し ま し た 。

Please reload

​神奈川骨髄移植を考える会事務局

平塚市明石町24-25ー309 黒部設計事務所内 

TEL:090-4713-7300​  FAX:0463-25-1383

E-mail:bmtnoniji@yahoo.co.jp

​©2017 Bmt Kanagawa .