• bmtkanagawa

骨髄ドナー登録説明員養成講座


主催:神奈川県

共催:神奈川県赤十字血液センター 、神奈川骨髄移植を考える会

神奈川県の主催により、骨髄バンク ドナー 登録説明員養成講座が平成 28 年 2 月 20 日 、 2 月 27 日 、3 月 5 日 の 3 日間に渡り開催されました。これは、昨年 12 月 の 神奈川県造血幹細 胞移植推進協議会 の席上、神奈川県から発表があり今回実施されたものです。 行政主導の養成 講座は首都圏では初めての試みです。 3 日間で 16 名の説明員養成を行いました。

神奈川県の 担当者

神奈川県保健予防課よりご報告いたします。 新たに骨髄ドナー登録をされる方の数は全国 的 に も 減 少 傾 向 に あ り 、か つ 、年 齢 制 限 に よ る 登 録 取 消 者 数 の 増 加 に よ っ て 、骨 髄 ド ナ ー 登 録 者総数もいずれ減少していくことが危惧され ております。また、現在の登録者は 4 0 歳代の 方 が 多 く 、若 者 の 登 録 者 数 が 少 な い 状 況 に あ る こ と も 課 題 と 考 え ら れ て い ま す 。そ の た め 、厚 生 労 働 省 で も 、特 に 若 年 層 に 対 す る 働 き か け を 進めるこ と が 極 め て 重 要 で 、ド ナ ー 登 録 の 積 極 的な推進に努めるべきとしているところです。 神 奈 川 県 に お い て も 、特 に 今 年 度 の ド ナ ー 登 録 者 数 が 減 少 傾 向 に あ り ま す の で 、説 明 員 の み な さ ん の 活 躍 の 場 を 拡 大 し 、直 接 的 に ド ナ ー 登 録への協力をお願いしたいと考えておりまし た が 、み な さ ん ご 承 知 の と お り 、実 際 に 活 動 い ただける説明員の数はそれほど多くありませ ん 。ボ ラ ン テ ィ ア と し て 活 躍 い た だ い て い る み な さ ん の ご 負 担 を 考 え ま す と 、非 常 に 厳 し い 状 況です。 そ こ で 、説 明 員 と し て 一 緒 に 活 動 し て い た だ く 仲 間 を 増 や し 、直 接 的 な 働 き か け に よ り 、よ り多くの方に骨髄移植について知っていただ き 、ひ い て は 骨 髄 ド ナ ー 登 録 に 結 び 付 け て い た だ き た い 、と の 思 い か ら 、神 奈 川 県 で は 、平 成 2 7 年 度 よ り「 骨 髄 ド ナ ー 登 録 説 明 員 養 成 講 座 」 を 開 催 す る こ と と い た し ま し た 。初 め て の 試 み で あ っ た も の の 、本 講 座 は 定 員 を 超 え る お 申 し 込 み を い た だ き 、急 遽 3 月 に 日 程 を 追 加 し た ほ ど で す 。中 に は 、こ の 養 成 講 座 が 開 催 さ れ て い る こ と を 知 ら ず 、た ま た ま 献 血 を 目 的 に 献 血 ル ー ム に 来 ら れ 、急 遽 講 座 に ご 参 加 い た だ い た 若 い女性もい ら っ し ゃ い ま し た 。こ う い っ た 活 動 に興味をお持ちの方が潜在的には多くいらっし ゃ る と い う こ と が わ か り ま し た し 、受 講 者 の み な さ ん も 非 常 に 積 極 的 で 、明 る い 展 望 が 開 け た気がいたします。 本 講 座 の 開 催 に あ た り ま し て は 、神 奈 川 骨 髄 移 植 を 考 え る 会 の み な さ ん に は 、多 大 な る ご 協 力をいただき、誠にありがとうございました。 み な さ ま の ご 協 力 に よ り 、ロ ー ル プ レ ー イ ン グ の際も受講者ひとりひとりに丁寧な指導を行 う こ と が で き ま し た し 、先 輩 説 明 員 と し て 実 体 験に基づいたお話をしていただいたおかげで、 受 講 者 の み な さ ん も 、こ の 活 動 に つ い て 理 解 が 深 ま っ た も の と 思 い ま す 。大 変 あ り が と う ご ざ い ま し た 。こ の 講 座 の 開 催 を 通 じ ま し て 、考 え る 会 の み な さ ん の 存 在 が 、神 奈 川 県 に お け る 骨 髄移植の推進には必要不可欠であることを改 めて認識をした次第です。 ま た 、神 奈 川 県 赤 十 字 血 液 セ ン タ ー 、日 本 骨 髄 バ ン ク の ご 協 力 な し に は 、本 講 座 を 開 催 す る こ と は で き ま せ ん で し た し 、急 な 変 更 等 に つ い て も 柔 軟 に 対 応 し て い た だ き ま し た 。こ の 場 を お借りしてお礼申し上げます。 ま た 来 年 度 も 、講 座 を 実 施 し 、さ ら に 仲 間 を 増 や し て 、骨 髄 移 植 に つ い て 知 っ て い た だ く 機 会をどんどん増やしていきたいと考えており ます。引 き 続 き 、み な さ ま の ご 協 力 を お 願 い い たします。 神奈川県 保健医療部保健予防課

養成講座受講者

介護パート歴 2 年 の 主 婦 で す 。説 明 員 養 成 講 座 を 受 け た 理 由 は 、家 庭 の 外 で 役 割 を 持 つ 事 で 自分が前向きになれると実感しているためと、 過去に白血病に罹患した経験が有るためです。 4年前に発病し抗がん剤のみで寛解しました。

輸血も血液製剤も使いましたので、多くの 献血者なくしては今の私はありません。 それと同様に骨髄ドナーもまずは登録者を 増やさなければ患者の希望が失われてしまう と 気 づ き ま し た 。移 植 の 方 法 等 の 知 識 は あ っ て もそういった事は参加しなければ実感出来な かったと思います。 説明員が呼びかけ納得頂くことで善意が生 まれ育つようお手伝いさせてい頂きたいです。 機会を設けて頂きありがとうございました。


​神奈川骨髄移植を考える会事務局

平塚市明石町24-25ー309 黒部設計事務所内 

TEL:090-4713-7300​  FAX:0463-25-1383

E-mail:bmtnoniji@yahoo.co.jp

​©2017 Bmt Kanagawa .